一般社団法人日本ろう者スキー協会 トップページバナープラン

deafskiing000002
deafskiing000002 deafskiing000002 deafskiing000002 deafskiing000002

一般社団法人日本ろう者スキー協会 トップページバナープラン

販売価格(税別)
¥50,000
在庫状態 : 在庫有り

■スポンサープラン概要

一般社団法人日本ろう者スキー協会公式サイトトップページに掲載するバナープランを募集しています。トップページ以外にも全てのページの右側にバナーが表示されるプランです。

金額:50,000円(税別)
期間:4.1〜翌年3.31まで シーズン途中の場合は月割りで計算
バナーはスポンサー様がご用意ください。作成を依頼する場合はスポンサー費用以外に別途3,000円(税別)が発生します。
バナーのサイズは300×150ピクセルでお願いいたします。
詳細はお申込みいただいてからご相談となります。

■一般社団法人日本ろう者スキー協会の紹介

当協会は冬季デフリンピック(4年に一度のろう者のオリンピック)を目指している冬季アスリート選手の育成・強化、ならびに冬季デフリンピックへ選手を派遣している聴覚障がい者のウィンタースポーツ国内統括スポーツ団体です。
2019年12月にイタリアで開催される第19回冬季デフリンピックに、当協会傘下チームから日本代表選手を派遣します。

■傘下チームの紹介

【アルペンスキーチーム】
アルペンスキー競技は、第1回世界ろう者冬季競技大会(現:デフリンピック)から正式種目に採用されている伝統のある競技種目です。
1999年第14回世界ろう者冬季競技大会(現:デフリンピック)(スイス・ダボス)で、伏見景子氏(現協会副会長)が、回転競技で銀、大回転競技で銅メダルを獲得、冬季デフリンピック大会で日本人初のメダル獲得をもたらしました。同選手による初メダル獲得は日本中の皆様に勇気と感動を与えてくれました。

【アルペンスノーボードチーム】
アルペンスノーボード競技が冬季デフリンピックの正式種目に採用された2003年第15回冬季デフリンピック(スウェーデン・スンツバル)に初出場、男子大回転競技で原田上選手が、女子大回転競技で、加藤八重子選手がともに金メダルを獲得、日本に初の金メダルをもたらしました。2007年第16回冬季デフリンピック(アメリカ・ソルトレークシティ)においても、男子パラレル大回転とパラレル回転で原田上選手が2冠、女子パラレル回転でも笠井彰子選手が金メダルを獲得する等、当チームは2大会連続して大活躍しました。2015年第18回冬季デフリンピック(ロシア国ハンティマンシースク)では、男子パラレル大回転とパラレル回転で原田上選手が2冠に輝き、3大会連続金メダルとなりました。

【スノーボードフリースタイルチーム】
ハーフパイプ競技が冬季デフリンピックの正式種目に採用された2007年第16回冬季デフリンピック(アメリカ・ソルトレークシティ)に初出場、男子で本多忠選手が銅メダルを獲得しました。2015年にロシア国ハンティーマン ・シースクで行われた第18回冬季デフリンピックでは、花島良子選手が金メダル、大川摩耶子選手が銀メダル、津久井康友選手が銅メダルを獲得し、2大会連続メダルと大活躍しました。

【カーリングチーム】
カーリング競技が冬季デフリンピックの正式種目に採用された2015年第18回冬季デフリンピック(ロシア・ハンティーマン シースク)に初出場、決勝トーナメント進出をかけて臨みましたが、惜しくも敗れ、5位入賞と大活躍しました。

■競技の実績

●第1回デフスノーボード世界選手権大会(2013年2月ロシア・モスクワ)
ハーフパイプ競技男女アベック優勝

●第18回冬季デフリンピック(2015年3月ロシア・ハンティマンシースク)
ハーフパイプ競技:女子金メダル、銀メダル、男子銅メダル
アルペンスノーボード競技:男子PGS、PSL金メダル
アルペンスキー競技:男子GS4位入賞
カーリング競技:男子チーム5位入賞

●第2回デフスキー・スノーボード世界選手権大会(2017年3月オーストリア・インナークレームス)
アルペンスキー競技:男子GS、SL銅メダル
アルペンスノーボード競技:男子PGL5位入賞

●2018年ヨーロッパデフカップ(イタリア)
男子SL金メダル

●2019年ヨーロッパデフカップ(オーストリア)
男子SC銀メダル、SGL銅メダル、GS銅メダル、SL金メダル