全日本F3選手権 Nクラス 霜野誠友 サブスポンサープラン

shimono000002
shimono000002 shimono000002

全日本F3選手権 Nクラス 霜野誠友 サブスポンサープラン (shimono000002)

定価(税別)
¥1,000,000
販売価格(税別)
¥1,000,000
在庫状態 : 在庫有り

■エピソード

幼少期~少年時代・レース活動スタートの時

幼少期の頃からテレビで観るものは「F1」という家庭で育った影響で、
物心がついた時から夢は「F1ドライバー」。ですが一般家庭でレースを始めることは到底出来ず、
たまたまキッカケがあり自宅近くのカートショップに飛び込んだのが中学3年、夏休みの事でした。
それまで私は野球に勤しんでおり、有難いことに大阪の私立高校から特待生スカウトも受けていました。
しかしやっとの思いでレースの世界に飛び込めた私はそれを断り、
高校1年から本格的にモータースポーツの世界へ飛び込み様々なカートレースに出場しました。
そしてレーシングカートの活動を2年行った2006年の冬、ある決意を胸に4輪の世界へと足を進めました。

鈴鹿レーシングスクール~フォーミュラレースデビュー・最大の挫折の時

私が入校を目指したのは「鈴鹿サーキットレーシングスクール」、通称「SRS-F」と呼ばれる
ホンダと鈴鹿サーキットが行うレーシングドライバー養成学校でした。
年齢的にも18歳を目前にし、自分自身の道を定めなければならない年頃。
「ここでスカラシップを取れなければレースを辞める」、強い決意が通じ、晴れて入学を認められました。
そこで私は見事にスカラシップを獲得することができ、ホンダ育成ドライバーの一員となり
翌2008年に様々な方のご協力を頂き、Formula Challenge Japanにフル参戦を果たすことが出来ました。
しかし、人生とは上手くいかない時もあります。2008年末、世界を襲ったリーマンショックの波が
モータースポーツ界にも押し寄せ、ホンダがF1を撤退する時に私も「クビ」を宣告されました。
予算もなく、レースに出ることも出来ない。必死にもがき苦しみ、3年の月日が過ぎ去っていきました。

海外へ武者修行~栄光の瞬間・支えて下さる皆様と共に

2011年末、私は中国で開催されているフォーミュラレース「ASIAN FORMULA RENAULT」への
スポット参戦を目論み、様々な企業へ飛び込みでスポンサー営業に出向いていました。
たくさんの挫折、罵声を浴びせられながら出会った1つのスポンサー、そこから全ての流れが変わり、
あっという間に資金が集まりレースに参戦、そこで表彰台を獲得することが出来ました。
翌2012年~2014年にかけて同シリーズに参戦し、2013年にはレース人生初優勝を果たし、
その年から2年続けて日本人として初となるチャンピオンを獲得することが出来ました。
その時私を支えて下さった皆様は、今でも私の強い強い味方となって下さっています。
支えてくださる皆様と共に、更に上へと、世界へと突き進んでいきたいと願っています。
その世界への目前のステージが、私が2017年に参戦する「全日本F3選手権」です。

■レースキャリア

2004年:14歳でカートデビュー
2005年:Masters 4 Stroke他カートレース参戦
2006年:ARTAChallenge 他カートレース参戦
2007年:鈴鹿レーシングスクールフォーミュラ(SRS-F)入校
首席卒業・スカラシップ獲得
2008年:HFDP(Honda Formula Dream Project)所属ドライバー契約
Formula Challenge Japan フル参戦
2010年:CJ KOREA SUPER RACEスポット参戦3位1回
2011年:AFR SERIES 最終戦スポット参戦
2012年:AFR SERIES フル参戦シリーズランキング3位
2013年:AFR SERIES フル参戦シリーズランキング2位年間4勝
Pan Delta AFR SERIESチャンピオン獲得
2014年:AFR SERIES 参戦シリーズランキング3位年間3勝
Pan Delta AFR SERIES 2年連続チャンピオン獲得(日本人初)
2015年:AFR SERIES スポット参戦Rd.5-6 優勝
2016年:FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP 参戦

■スポンサーメリット

①マシン・レーシングスーツへのロゴ掲載権

マシンサイド部分+レーシングスーツ正面部分(ロゴサイズは別途協議)へ御社名ロゴを掲載致します
最もフォーカスされるマシン・レーシングスーツにロゴを掲載することで
レースファン+観客に対する広範囲での高い宣伝広告効果が期待出来ます

②ホスピタリティサービス利用権

チームが準備するパドック・ホスピタリティーをご自由にお使い頂けます
チームスポンサーのVIPゲストや関係者等、限られた方々のみが入れるエリアです
レース観戦に加え、ビジネスパートナーを見つける社交場としてお使い頂けます

③パドックパス提供

レース開催日のピット及びスターティンググリッドへの立ち入りが可能となります

スポンサー企業様にはパドックパスを年間1枚ご提供致します

数量1